防寒で節約 その1

寒さ 投資かもしれない
Couleur / Pixabay

私は防寒が好きです。レイヤリング(重ね着)を工夫して,常に快適な温度を保つ幸せ。寒さという自然を克服する喜び。そして,暖房費の節約。節約した金を投資に回します!

防寒が好きになったきっかけ

私が防寒好きになったきっかけは,震災です。車中泊で,みるみる減って行くガソリン。閉まるガソリンスタンド。ガスや電気が止まり,暖房無しで過ごす寒さ。当時,これらの恐怖を,とても身近に感じていました。

大きな余震が続く中,いつ外に放り出されても大丈夫なように準備したいと,強く思いました。そこで行き着いたのは,山登り用の服や小物です。

極限の状況で登山家の命を守るために作られた服や小物は,感動的な機能美を備えています。例えば,登山用の服は,汗抜けに優れています。この機能は,汗が体温を奪うのを防ぐためのものです。体感温度を高めてくれる服でも,少し汗をかくと蒸れて不快だったり,汗冷えしてくるようなものでは,震災という極限の状況を乗り切るのに頼りないと感じました。

震災後も,登山用の服は気に入ったままです。というのも,私は,体感温度のストライクゾーンが狭いのです。寒いのを我慢していると,すぐに風邪を引いてしまいます(なので,TPOの縛りがキツい場面は,服装が限定されるので防寒に全力を出せず,恐怖すら感じます)。こうも神経質な自分には若干がっかりですが,最近は,温度変化に弱い自分を受け入れて,防寒を楽しむことにしています。暖房費の節約にもなりますし!

おすすめのアイテム

今後,私の愛する防寒アイテムとその魅力をご紹介したいと思います。これから季節は夏ですが,季節外れの売れ残りを安く手に入れるチャンスの時期ともいえますし,避暑地には夏も防寒が必要です。

さて,優れた温度調節機能を持つことから「天然のエアコン」の異名を持つウールは,私が最も愛する素材です。今シーズン,私が最も気に入ったのは,

モンベル・スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツ Men’s

です(なお,私が使っているのは,厳密には「US スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツ Men’s 」なのですが,HPに見当たりません)。その魅力は,

・暖かい
・汗冷えしない
・汚れにくく防臭効果がある
・着心地が良い

といったところです。このEXP.シリーズは,「極寒地にも対応する最高の保温性と速乾性を持つ」と説明されており,普段使いにはオーバースペックのようにもみえます。しかし,あくまで極寒地に「も」対応するのであって,私には,部屋着(寝間着)として最高です。

この冬は,ほぼ毎日,部屋着(寝間着)として使いました。さすがに,4月くらいから暑い夜には着ません。しかし,5月に入った最近も,肌寒い日や,寝起きによく着ています。着ていると,まるで羊に守られているような安心感があります。

デメリットとして考え得るのは,まず,虫食いする点です。お気に入りのウールが虫に食われると,とても悲しいです。しかし,これは,防虫剤で予防できます。そのためのコストも,受け入れられます。次に,税抜き7,500円という値段です。冬の間毎日着たいこと,また,その快適さに照らして,私には納得の値段です。アウトレットで見つかれば,若干安く手に入ります。また,モンベルのポイントをふるさと納税で手に入れられるようです

 

ゲバ男

コメント