noindex による,ブログ引越作戦→後日,作戦変更。

search for index WordPress
krzysztof-m / Pixabay

ブログの引っ越しをする際,単純に旧ブログの記事を新ブログに貼り付けると,コピーコンテンツとみなされ,検索サイトからの評価が落ちるらしいことが気になっていました(過去記事ご参照)。「銭山ゲバ男日記」がコピーコンテンツとみなされるのは,何としても避けたいところ。そこで,旧ブログを noindex  化することを目指しますことにしました。

なお,301リダイレクトという方法もあるらしいのですが,javaやhtmlのことを全く知らないゲバ男には難しそうです。他方,noindex 化であれば何とかできそうだと感じて,挑戦する次第です。

noindex とは

noindexとは、特定のURLを検索エンジンにインデックスさせないようにするための構文です。noindexの記述されているURLは、原則としてどのようなキーワードで検索しても検索結果に表示されることがなくなります。

出典:https://www.seohacks.net/basic/terms/noindex/

このnoindexを利用して,旧ブログが検索されないようにする,という作戦です。なぜこのような作戦を立てたかというと,次のふたつの記事を拝見したからです。

はてなブログでmetaタグにnoindexやcanonical設定する方法 - きりんの自由研究
はてなブログは、サイト全体のmetaタグ設定はできますが、記事毎にmetaタグ等ヘッダ操作をする事はできません。 しかし、SEO目的で特定の記事をnoindex化したりcanonical指定でページを移動の移動をgoogleクローラーに通知した場合があります。
【CSS・HTML】はてなブログ記事を「noindex」。不要な記事を削除してSEOにも効果あり - interest blog
4/24日、私が運営している別のブログで、特定の記事をグーグル等の検索エンジンの検索結果にインデックスさせないようにすることが出来る、「noindex」を記事に挿入して、実際に検索結果から消えるのか実験しました。

これらを参考に,旧ブログの各記事をnoindex化してみました。具体的には,旧ブログの全18記事の冒頭に,次の記述を加えました(上記記事より転載)。

<script type=”text/javascript”>
<!–
var doc = document;
var head = doc.getElementsByTagName(“head”)[0];
var meta = doc.createElement(“meta”);
meta.setAttribute(“name”,”robots”);
meta.setAttribute(“content”,”noindex”);
head.appendChild(meta);
// –>
</script>

現状と今後の計画

現状,旧ブログのタイトル名を検索すると,検索トップにヒットします。上記のnoindex化が成功すれば,旧ブログは検索にヒットしなくなるはずです。うまくいけば,1週間程度で,そうなる見込みです。

ただ,以上は,javaやhtmlのことを全く知らないゲバ男が,記述の意味を完全には理解せずに見様見真似でやったことですので,うまくいったらお慰み。

もしうまくいったら,旧ブログの記事を新ブログに移転しようと思います。その際も,できるだけ慎重にことを進める予定です(こちらの記事が参考になります)。

旧ブログが検索にヒットしなくなるまでの待ち時間に,旧ブログをリライトし,下書き保存しておきます。その際には,Yoast大先生お勧めのSEO対策を施すことで,弊ブログの下地を整えたいと思います。

進捗状況

4月29日

旧ブログのタイトル名を一通り検索してみる。すると,若干の記事は,検索に引っかからないようにも見えます。そもそもインデックスされていなかったのかは不明。

ここで,旧ブログのカテゴリーページが検索で引っかかることに気付く。そうすると,カテゴリーページも,noindex化しておいた方が良いかも?少し調べると,若干難しそう。そこで,旧ブログのカテゴリーを全て削除(記事自体ではなく,カテゴリーのみ削除)。この結果,「Category not found お探しの記事は見つかりませんでした。」と表示させることに成功。

夜までに,旧ブログの記事のリライト完了!今すぐにでも公開したいけれども,旧ブログがまだ検索にヒットするので,我慢。

4月30日

noindex化が成功するか,いまいち自信が持てず,また,早くリライト記事を公開したい気持ちが強くなる。そんな中,はてなブログの公開記事は,「下書きに戻す」ことができることに気付き,削除よりは緩やかで,受け入れられる措置と思われたため,実行。実行後,引越のお知らせを除く全記事が,「Entry is not found お探しの記事は見つかりませんでした。」と表示される状態になったことを確認。その後,全ての記事URLについてFetch as googleで「取得してレンダリング」を実行し,googleに旧ブログが閉店したことを知ってもらおうとした。さらに,削除の依頼も出せるみたいだ。そこで,全ての記事URLについて「search console→google インデックス→URLの削除」を実行。素人考えではあるが,これで,旧ブログは,検索結果から消えて行ってくれるのではないか(ただし,削除は一時的なものらしいし,このような引越のケースで削除を依頼すべきではなかったかもしれない)。

寝て起きて,search consoleをチェックすると,削除が完了していた!しかし,「お客様のサイトのページの一部で有害なコンテンツが検出されました。早急にこのコンテンツを削除することをおすすめします。」という恐ろしいメッセージが。やはり,素人がWordPressなんかに手を出した報いか!?このメッセージで検索を掛けると,同様の状態の報告多数。癒しのリクガメさんのこちらの記事などを参考に,サイトチェックし,Googleに再審査をリクエスト。

再審査の結果はまだ届かないが,我慢できずに,旧ブログの過去記事を,新ブログにてアップロード!

まとめ

結局,記事タイトルの「noindex による,ブログ引越作戦」自体は,成否が判明していない中途半端な段階で,撤回してしまいました。

ゲバ男

コメント