【子どもの被服費】1年分4万円を一括で渡してみた

未分類
Free-Photos / Pixabay

問題の所在

ティーンエージャーの長子は,服を欲しがります。おしゃれは大事ですし,背が伸びて服を買い替えるのは当然です。

これまで,服をねだられた場合,①必要ならば仕方ないと渋々買い与えるか,②この間買ったばかりだから我慢させるか,どちらかでした。どちらになるかはあまり一貫性がなく,機嫌次第だったかもしれず,反省です。

いきおい,買ってあげようとなれば(上記①),長子も,親の気が変わらないうちに買わねばと焦り,じっくり選べないまま無理やり買うことがあったと思います。買ってあげないとなれば(上記②),「買って」「買わない」の問答が持ち越されます。

このような状況は,お互いの精神衛生にとって良くありませんでした。そこで。。。

解決策

被服費を1年分一括で渡せば,良いことづくめではないか,と考えました。つまり,

・親として,自らの一貫性の無さを恥じる必要はなくなります。

・子どもとしても,親の気が変わらないうちに買わねばと焦ることがなくなります。

・「買って」「買わない」の問答はなくなるはずです。

では,いくらにするか?被服費単体での予算額はこれまで決まっていなかったのですが,少し悩んだ末,下記データを参考にして4万円としました。従来の「子ども費」や「お楽しみ費」などの予算を削って,補正する予定です。

さて,この提案は,子どもの賛成が無ければ上手くいきません。そこで,この提案を具体化してまとめた上で,次のような資料に基づき,長子にプレゼンテーションを行いました。

プレゼン資料

被服費

・1年間で4万円。11月3日スタート。4万円入りの封筒を渡す。

・下着と学校指定品は,自分で買わなくてよい。それ以外は,靴やコートも,自分で買う。

・約束:レシートを封筒に入れておくこと。記録を取るため。

・データでは,7割以上が4万円以下,4割以上は2万円以下(中1)。

出典:ベネッセ「子どもの衣服あれこれ 買い替えは子どもの身体と心の成長の証」

 

 

プレゼン結果は・・・

長子は,すんなりと提案を受け入れました!

そして,早速,春5千円,夏1万5千円,秋5千円,冬1万5千円という計画を立てた模様。春秋は服装が共通しているし,期間も短いことから,このような計画になったようです。

長子が年間を通じた予算執行を意識したことには,金銭教育的意義を見出すこともできます。

今後の課題など

4万円というのは,高すぎるかもしれません。かといって,来年から削減するといったら,揉めることは必至です。一度ついた予算を縮小することの難しさを,家計レベルで思い知ります。

なお,あまり服を欲しがらない末子は,この提案を受け入れませんでした。

とにかく,やってみないと分からないので,今後,何かあったらレポートしたいと思います。

ゲバ男

コメント